茨城のタケノコ新基準値超 タラノメも、県内初 

  • LINEで送る

 茨城県は25日、北茨城市と大洗町で23日に採取したタケノコから国の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える330ベクレルと240ベクレルの放射性セシウムをそれぞれ検出、出荷自粛を要請した。県内のタケノコの出荷自粛は計20市町村になった。

 また、笠間市で23日に採取した野生のタラノメから120ベクレルを検出し、出荷自粛を要請した。タラノメの出荷自粛は県内で初めて。