星出さん、宇宙基地でスポーツを 7月打ち上げ 

記者会見で、模型を手にポーズをとる宇宙飛行士の星出彰彦さん=25日午前、東京・内幸町の日本記者クラブ

 国際宇宙ステーションに長期滞在する宇宙飛行士、星出彰彦さん(43)が7月の打ち上げを前に25日、都内で記者会見し「地球をゆっくり見たい。夏のオリンピックに合わせて、軌道上で何かスポーツもしてみたい」と抱負を述べた。

 星出さんは、2008年に続く2度目の宇宙。今回は米国とロシアの飛行士の計3人でロシアのソユーズ宇宙船に搭乗。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から7月15日に打ち上げられる。

 ステーション滞在中には、無人補給機「こうのとり」3号機で運ばれる小型衛星を、ロボットアームを使って宇宙空間に放出する実験にも取り組む予定。


  • LINEで送る