すばる望遠鏡で最遠方銀河団発見 宇宙の構造解明に手掛かり 

米ハワイ島のすばる望遠鏡が捉えた、地球から127億光年先にある銀河(矢印)が集まった「原始銀河団」の中心部(国立天文台提供)

 総合研究大学院大や国立天文台などのチームは24日、米ハワイ島のすばる望遠鏡で、生まれたばかりの「原始銀河団」を捉えたと発表した。地球から約127億光年離れており、これまでで最も遠い。宇宙の構造や銀河の進化解明の手掛かりになるという。

 銀河団は銀河が寄り集まってできる。今回の銀河団は127億年前の姿を見ていることになるが、宇宙が大爆発ビッグバンで誕生したとされる約137億年前から、わずか10億年弱しかたっていないころに銀河団が存在したことになる。柏川伸成同天文台准教授は「詳しく調べ、宇宙の構造の起源に迫りたい」と話している。


  • LINEで送る