陸上、新谷がA標準突破でV 女子1万メートル 

女子1万メートル 2位以下を引き離す、五輪参加標準記録Aを突破して優勝した新谷仁美=神戸ユニバー記念競技場

 ロンドン五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本グランプリシリーズ開幕戦、兵庫リレーカーニバル最終日は22日、神戸ユニバー記念競技場で女子1万メートルを行い、新谷仁美(ユニバーサルエンターテインメント)が五輪参加標準記録Aを突破する31分28秒26で優勝した。

 女子では走り幅跳びの桝見咲智子(九電工)が6メートル35で、走り高跳びの福本幸(甲南学園AC)が1メートル80で、ハンマー投げの綾真澄(丸善工業)が63メートル79でそれぞれ制した。男子は走り高跳びの戸辺直人(筑波大)が2メートル16で、砲丸投げの村川洋平(スズキ浜松AC)が17メートル96で勝った。


  • LINEで送る