保安院、記者会見録は詳細 議事録未作成なのに 

  • LINEで送る

原子力安全・保安院の記者会見記録をとじたファイル

 経済産業省原子力安全・保安院が、東京電力福島第1原発事故に関する記者会見について、事故直後から昨年10月までに約2千ページの詳細な記録を作っていたことが21日、分かった。

 保安院は、事故対応に関する政府の方針を決める「原子力災害対策本部」の事務局を務めていたが、会合の議事録を作成していなかったため問題化。職員のメモなどを基に「議事概要」を作成、3月に公表した。政府の正式な意思決定会合の記録を残さない一方、記者会見の記録に精力を注ぐちぐはぐな対応に疑問の声が強まりそうだ。

 記者会見の記録は、共同通信の情報公開請求に対し、保安院が開示した。