女子フェンシング、中野が初五輪 最終予選で1位 

女子エペ個人決勝でキルギス選手を破って五輪出場を決め、ガッツポーズで喜ぶ中野希望=和歌山ビッグウエーブ

 フェンシングのロンドン五輪アジア・オセアニア最終予選第1日は20日、和歌山ビッグウエーブで行われ、女子エペで25歳の中野希望(大垣共立銀行)が1位となり、初の五輪代表に決まった。

 一昨年の広州アジア大会で銀メダルを獲得した中野は、初戦から3連勝した。決勝はキルギス選手を15―6で退けた。

 男子サーブルの小川聡(ネクサス)は決勝でイラン選手に13―15で逆転負けし、2大会連続の五輪出場はならなかった。


  • LINEで送る