遺伝、進化できる物質作製に成功 生命起源や研究に貢献 

  • LINEで送る

 【ワシントン共同】生物のDNAのように遺伝情報を保持、複製し、進化することができる高分子を作ることに英医学研究評議会の研究所のチームが成功し、20日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 生命の起源の究明や、新しいタイプの医薬品の開発につながる成果。生物の遺伝情報はDNAを構成する4種類の塩基の並び方で保存されているが、チームは「別の分子でも、生命の特徴である遺伝や進化が起こり得ることを示した」と話している。

 一方、人工的に生命の根幹となる物質を作ることへの懸念もあり、外部からは「自然界の生物に悪影響が出るような領域には踏み込むべきではない」との声も出ている。