陸上王者ボルト、目標は9秒40 五輪で世界新を 

2009年の世界選手権(ベルリン)男子100メートル決勝で、9秒58の世界新記録で優勝したウサイン・ボルト(共同)

 【ロンドン共同】陸上男子短距離のスーパースター、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)がロンドン五輪で100メートルは9秒40、200メートルは19秒00の世界新記録を目標にすると17日、英BBC放送(電子版)が伝えた。

 北京五輪で両種目を制した25歳のボルトは五輪100日前の同放送の特別番組で「人々は自分が9秒40、19秒00で走るのを期待している。世界を驚かせたい。もし五輪を制圧すれば、生きる伝説になれるだろう」と語った。

 ボルトは2009年の世界選手権(ベルリン)で100メートルは9秒58、200メートルは19秒19の世界新記録をマークした。


  • LINEで送る