骨の健康守るタンパク質を特定 形成促進、破壊は減らす 

  • LINEで送る

 体内で骨を作る細胞を増やす一方、骨を壊す細胞を減らして骨の健康を守るタンパク質を、高柳広東京医科歯科大教授らのチームがマウスの実験で特定し、18日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 骨の新陳代謝の過程で形成と破壊のバランスが崩れると、骨粗しょう症などになる。現在の治療は骨の破壊を抑える薬が中心だが、形成も同時に阻害されてしまうのが問題だった。今回、特定されたタンパク質は人間にもあり、高柳教授は「骨の破壊を減らすとともに形成を増やす新しい治療法の開発につながる」と話している。