大飯原発「安全に制御可能」 福井県専門委が視察 

  • LINEで送る

関西電力大飯原発で、訓練を視察する福井県原子力安全専門委員会のメンバーら=18日午後、福井県おおい町

 福井県原子力安全専門委員会の中川英之委員長(福井大名誉教授)は18日、他の委員と関西電力大飯原発3、4号機を視察、記者団に「全体として深刻な事故が起きた場合でも、安全に正常に制御できることが大体確認できた」と述べ、安全性がおおむね確保されているとの認識を示した。

 東京電力福島第1原発事故を踏まえた安全対策の検証の一環で、対策の実効性を実際に見るのが目的。視察結果は、来週にも開く会合で集約する。全体の検討結果は再稼働の是非判断のために知事に報告されるが、報告書が早い段階でまとまる可能性も出ている。