高橋、目標は4回転成功 フィギュア国別対抗戦 

 19日開幕のフィギュアスケート世界国別対抗戦で初優勝を目指す日本代表が18日、東京都内で記者会見し、主将を務める世界選手権男子銀メダリストの高橋大輔(関大大学院)は「みんなを引っ張っていけるような演技をしたい。ショートプログラムとフリーで4回転を成功できれば」と今季最終戦の目標を掲げた。

 団体戦は2014年ソチ冬季五輪で初採用される。日本は初開催の前回09年大会3位。今大会は初代王者の米国など今季主要国際大会の成績を得点化したランキングで上位の6カ国が出場し、男女各2人とペア、アイスダンス各1組の順位に応じて与えられる得点の合計で争う。


  • LINEで送る