大飯再稼働に批判続出 福井県原子力専門委 

  • LINEで送る

福井県庁で開かれた「福井県原子力安全専門委員会」=16日午後

 政府から再稼働への同意を要請された関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、「福井県原子力安全専門委員会」(委員長・中川英之福井大名誉教授)が16日、県庁で開かれた。2基は東京電力福島第1原発事故を教訓にした新たな安全基準を満たしているという経済産業省原子力安全・保安院の説明に対し「過酷事故対策が先送りされており、再稼働されるべきでない」などと批判が続出した。

 委員会は、枝野幸男経産相が14日に福井入りし、西川一誠知事らに再稼働への同意を求めて以来、県として初めての安全性の検証手続き。