地裁、「霊能力者」に賠償命令 「不安あおり宗教儀式」 

 「守護霊を体に入れなければ幸福になれない」などと不安をあおられ、宗教的儀式に法外な費用を払わされたとして、名古屋市の女性(51)が宗教法人「肥後修験遍照院」(通称六水院)と「霊能力者」としてテレビ出演歴もある主宰者の下ヨシ子氏らに、損害賠償など約950万円を求めた訴訟で、名古屋地裁は13日、下氏らに約610万円の支払いを命じた。

 堀内照美裁判長は「いたずらに不安に陥れたり、畏怖させたりして、女性の心理状態に付け込んで継続的に儀式を受けざるをえないようにしており違法」とした。

 判決によると、女性は体調不良や家族の悩みなどを六水院に相談。


  • LINEで送る