ガラス窓発電も可能に 超薄膜のLED材料を開発 

  • LINEで送る

 青色発光ダイオード(LED)の材料でもある半導体の窒化ガリウムの超薄膜を、低コストでつくる方法をNTT物性科学基礎研究所(神奈川県厚木市)のチームが開発し、12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 やわらかく曲げられる薄型LEDや、ガラス窓に貼る太陽電池などへの応用が可能。同研究所の小林康之主幹研究員は「紙やプラスチック、金属などにも貼り付けられ、応用範囲が大きく広がる」と話している。

 チームは、基板の上にまず、はがれやすい別の結晶を層状につくり、その上に窒化ガリウムの薄膜を作成。薄膜だけはがし取ることに成功した。