阪神・藤井彰は左頬骨折 視力異常なし、手術せず 

 阪神は11日、10日の広島戦(マツダ)で顔面に投球を受けた藤井彰捕手が大阪市内の病院で「左頬の骨折」と診断されたと発表した。

 トレーナーによると視力などに異常はなく、手術は受けないという。出場選手登録はこの日外れ、和田監督は「1カ月はかからないでほしい」と復帰の見通しを話した。チームは右肘などに古傷を抱える城島が一塁手に専念しているだけに、手痛い正捕手の離脱となった。


  • LINEで送る