故杉原氏の追悼セレモニー 開幕前日、尾崎将ら黙とう 

 がんと闘いながら生涯現役を貫き、昨年12月に74歳で死去した男子プロゴルファー、杉原輝雄氏の追悼セレモニーが11日、国内男子ツアー開幕戦、東建ホームメイト・カップ開催コースの三重県東建多度CC名古屋で行われ、石川遼ら出場選手が参加した。

 セレモニーは開幕前日のプロアマ戦開始前に行われ、強い雨の中で黙とうをささげ、しのぎを削り合った尾崎将司が選手会代表で追悼の言葉を述べた。「杉原のおっさん」と親しみを込めて呼びかけ「感謝という言葉が何より好きだったおっさん。空に向かって感謝の気持ちを込めて打ちたい」と話した。


  • LINEで送る