トキの卵奪うカラス撮影 新潟・佐渡、産卵の様子も 

  • LINEで送る

放鳥トキの巣から卵を奪うカラス=7日、新潟県佐渡市(環境省提供)

 環境省は9日、新潟県佐渡市で放鳥したトキのつがい1組の卵が、ハシブトガラスに奪われる様子を撮影したことを明らかにした。その後再び産卵し、卵を温める「抱卵」をしている状況も映像で確認した。

 また、別の1組が営巣しているのを新たに確認。現在営巣しているのは6組、うち抱卵しているのは5組となった。

 同省によると、卵を奪われたのは5歳雄と6歳雌で、昨年も同じ組み合わせでつがいとなっていた。6日午後に交代で巣に座り込んでいるのを発見し、抱卵していると判断したが、翌7日午前に、カラスが巣の中の卵を持ち去った。