初招集の奈良ら戦術練習 サッカーU23代表候補 

  • LINEで送る

ウオーミングアップでランニングするサッカーU―23日本代表候補の選手たち=宮城県内

 サッカー男子のU―23(23歳以下)日本代表候補は9日、宮城県内でロンドン五輪に向けた強化合宿をスタートし、初招集のDF奈良(札幌)やFW大前(清水)らがピッチの約半面を使った戦術練習などで約1時間半の調整を行った。

 同じく初招集のMF小林(東京V)FW宮吉(京都)ら一部選手はランニングなど軽めの調整。左膝の状態が万全でないMF扇原(C大阪)は、練習前の宿舎でのミーティングに参加した後にチームを離れた。DF菅沼駿(磐田)を追加招集した。

 3月に5大会連続9度目の五輪出場を決めてから初めての合宿。最終日の11日にはJ1仙台と練習試合を行う。