なでしこリーグ開幕前記者会見 世界意識とINAC監督 

記者会見でポーズをとるサッカー女子のプレナスなでしこリーグの主将たち。左端は浦和の矢野、左から4人目は日テレの岩清水、同8人目はINAC神戸の大野、同9人目は岡山湯郷の福元=9日午後、東京都文京区

 15日に開幕するサッカー女子のプレナスなでしこリーグの監督や主将らが9日、東京都内で記者会見し、昨季無敗で初優勝したINAC神戸の星川監督は「ことしは相手に関係なく圧倒する試合をしたい。世界を意識して戦う」と抱負を述べた。

 昨季は2位だった日テレの岩清水主将は連覇阻止を誓い「優勝には勝たなくてはいけない相手。対戦まで全勝でいって、プレッシャーをかけたい」と意気込んだ。

 既に8日に開幕した2部に当たるプレナスチャレンジリーグには、活動を休止した東京電力から移管された仙台が参戦。千葉監督は「初めてできたチーム。挑戦者として頑張りたい」と話した。


  • LINEで送る