競泳、目標は金含むメダル8個 五輪代表、北島ら27人 

  • LINEで送る

競泳ロンドン五輪代表の発表記者会見でポーズをとる(後列左から)松田丈志、入江陵介、北島康介、平井伯昌ヘッドコーチ、(前列左から)星奈津美、寺川綾、鈴木聡美=9日午後、東京都北区

 日本水連は9日、競泳のロンドン五輪代表27選手(男子13、女子14)を発表し、上野広治監督は金を含むメダル8個、入賞20を目標に設定した。日本の競泳で史上初の4大会連続出場となる最年長の29歳、北島康介(日本コカ・コーラ)は、3大会連続の男子平泳ぎ2冠に向け「チャンスがある限り挑戦したい」と決意表明した。

 海外開催では最多だった前回北京五輪の31人から4人減った。初出場は今回の最年少で15歳の女子平泳ぎ、渡部香生子(JSS立石)ら17人。2004年アテネ、北京五輪で1人ずつだった高校生は、00年シドニー五輪に並ぶ4人となった。