大震災級津波を想定、新基準決定 大飯原発の検証指示 

  • LINEで送る

 野田佳彦首相は6日夕、定期検査中の原発の再稼働をめぐり枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚との協議を官邸で開き、新たな安全基準を正式決定した。東日本大震災で東京電力福島第1原発を襲った規模の地震、津波が起きても重大事故に至らない対策が柱。再稼働が焦点となる関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が新基準を満たしているか経産省原子力安全・保安院に検証するよう指示した。

 関電に対しては中長期的な対策に向けた実施計画(工程表)の作成を要請した。工程表提出と保安院の検証結果を受けて首相と3閣僚が来週にもあらためて協議し、再稼働を認めるかどうか最終判断する。