仲井監督「東北の底力見せた」 光星ナイン、拍手で帰還 

母校で開かれた到着式に臨む光星学院高ナイン=6日午前、青森県八戸市

 選抜高校野球大会で準優勝した光星学院高の選手らが6日午前、青森県八戸市の母校に戻り、全校生徒や市民から拍手で出迎えを受けた。

 校内で開かれた到着式で仲井宗基監督は「夏に続き悔しい準優勝だったが、東北の底力を全国に見せることができた」とあいさつ。田村龍弘主将は「夏に向けてチーム一丸となって頑張る」と抱負を語った。

 光星ナインを一目見ようと岩手県久慈市から妻ヨシさん(69)と駆け付けた下野洋勝さん(72)は「東北のチームとして応援していた。いい試合をした。夏を楽しみにしている」と健闘をたたえた。


  • LINEで送る