中国で全身羽毛の新種ティラノ 体長9メートル 

  • LINEで送る

 中国遼寧省の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層から、全身が羽毛に覆われていたとみられる新種の大型肉食恐竜ティラノサウルスの化石を見つけたと、中国科学院などのチームが5日付の英科学誌ネイチャーに発表した。ティラノサウルスのイメージを覆す成果。

 体長9メートル、重さ1・4トンと推定され、羽毛を持つ恐竜としては最大。中国語などで「美しい羽毛の王」という意味を持たせ「ユウティラヌス・フアリ」と命名された。

 チームは、化石商人が博物館に持ち込んだ3体のティラノサウルスの化石を分析。鼻にトサカのような薄い突起があったことなどから新種と判断した。