花粉症の主要原因を解明 新治療薬の開発も 

  • LINEで送る

 くしゃみや鼻水などアレルギー性鼻炎の主要な原因が、花粉の刺激を受けて鼻の粘膜から出るタンパク質「インターロイキン33」(IL―33)であることを兵庫医科大や福井大、京都府立医科大などのチームが解明し、4日までに米アレルギー学会誌電子版に発表した。

 研究では、鼻粘膜の上皮細胞から放出されたIL―33が、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンを増加させる働きなどがあることを突き止めた。兵庫医科大の善本知広教授は「花粉症の発症メカニズムは不明な点が多いが、今回の研究からIL―33の働きを抑えられる治療薬の開発が期待できる」と説明した。