電車火災、乗客41人無事 新潟のJR信越線 

火災があった電車の2両目の車内=4日午前、新潟県柏崎市(JR東日本提供)

 4日午前9時55分ごろ、新潟県柏崎市のJR信越線鯨波駅で、直江津発長岡行き普通電車(3両編成)の2両目の屋根にあるパンタグラフ付近から火花と煙が出ているのを乗務員が見つけた。市消防本部の消防車が駆け付けて放水。パンタグラフそばの屋根や車内の天井、座席の一部を焼き、約30分後に消し止めた。

 乗客41人は1両目と3両目のドアからホームに出て、駅の待合室に避難し、けがはなかった。運輸安全委員会は列車火災事故と判断。調査官3人を現地に派遣し、原因を調べる。


  • LINEで送る