NTT系業者に総務省が行政指導 無線LAN利用の情報入手 

 総務省は4日、無線LANのサービスを提供しているNTTブロードバンドプラットフォーム(東京、NTTBP)に対し、電気通信事業法で定める「通信の秘密」の侵害があったとして、再発防止策を実施するよう行政指導した。

 同省などによると、NTTBPは昨年12月からセブン&アイ・ホールディングスと提携してセブン―イレブンなどで無料の無線LANサービスを始めたが、利用者に断りなく、セブン&アイと競合する一部の大手通販サイトや、アダルトサイトに接続できないようにしていた。


  • LINEで送る