がれき問題で金沢市長に脅迫状 「受け入れに反対」 

 岩手、宮城両県の震災がれき受け入れに積極的な姿勢を示している金沢市は3日、市役所と山野之義市長の自宅に脅迫状が届いたと明らかにした。いずれも市長宛てで「がれきを受け入れたら殺す」との内容が記されており、金沢中署が脅迫容疑などで捜査している。

 金沢中署などによると、脅迫状が届いたのは2日。はがきの表に住所と山野市長の名前が手書きで記され、裏面には手書きと一部が切り貼りされたような文字で市長を脅迫する文言が書かれていた。送り主の名前は書かれていなかった。

 市は4月中に放射性物質などに詳しい有識者らで構成する検討会を設置する方針。


  • LINEで送る