列島に春の嵐、3県で死者3人 和歌山で風速41・9m 

強風で倒れた自転車=3日午後、兵庫県西宮市

 日本海で急速に発達した低気圧の影響で3日、日本列島は広範囲で「春の嵐」となった。富山市で物置が強風で倒れ下敷きになった男性が、香川県三豊市でも倉庫が倒壊し女性がそれぞれ死亡した。岩手県奥州市でも自宅の屋根の上で作業中の男性が強風であおられ落下、死亡した。

 共同通信のまとめでは全国のけが人は300人を超えた。

 山陽新幹線が全線で運転を見合わせ、航空各社の欠航が相次いだ。

 和歌山市の友ケ島で最大瞬間風速41・9メートルを観測。東京都心でも29・6メートルを記録した。気象庁は、4日も北日本を中心に暴風が続くとして厳重に警戒するよう呼び掛けた。


  • LINEで送る