光星学院と大阪桐蔭で決勝 選抜高校野球大会第11日 

完投で決勝進出を決め、ガッツポーズの大阪桐蔭・藤浪=甲子園

 選抜高校野球大会第11日は2日、甲子園球場で準決勝を行い、昨夏の甲子園準優勝の光星学院(青森)と大阪桐蔭が決勝に進んだ。

 青森勢の決勝進出は初めてで、東北勢としては2001年の仙台育英(宮城)、09年の花巻東(岩手)に続き3校目。光星学院が勝てば、東北勢は春夏を通じて初の甲子園制覇となる。

 夏2度優勝の大阪桐蔭は春初めてで、大阪勢としては1998年の関大一以来の決勝進出。93年の上宮以来となる大阪勢の優勝を狙う。

 光星学院は関東一(東京)を6―1で下した。

 大阪桐蔭は高崎健康福祉大高崎(群馬)に3―1で競り勝った。


  • LINEで送る