北島、百平の全体1位で準決へ 競泳日本選手権が開幕 

 競泳のロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本選手権が2日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子100メートル平泳ぎ予選で北島康介(日本コカ・コーラ)は1分0秒23で泳ぎ、全体の1位で夜の準決勝に進んだ。立石諒(NECグリーン)が1分0秒37で2位。決勝は3日に行われる。

 男子400メートル個人メドレー予選で萩野公介(御幸ケ原SS)が4分14秒97の1番手で決勝に進出。女子100メートルバタフライ予選では星奈津美(スウィン大教)が58秒78のトップタイムで準決勝に進んだ。

 大会は8日まで行われる。


  • LINEで送る