浜口2位で五輪出場枠を獲得 斎川初代表、レスリング 

女子72キロ級準決勝 ウズベキスタン選手を破って五輪出場枠を獲得し、笑顔の浜口京子=アスタナ(共同)

 【アスタナ(カザフスタン)共同】レスリングのロンドン五輪アジア予選最終日は1日、カザフスタンのアスタナで男女計6階級を行い、女子72キロ級で34歳の浜口京子(ジャパンビバレッジ)と男子グレコローマンスタイル96キロ級で26歳の斎川哲克(両毛ヤクルト販売)はともに2位となり、各階級上位2人に与えられる五輪出場枠を獲得した。斎川は日本協会の選考基準を満たし、初の五輪代表に決まった。

 浜口は日本協会の女子強化委員会が五輪代表に推薦する方針。理事会で正式決定すれば、浜口は3大会連続代表となる。


  • LINEで送る