平泳ぎ北島「やることはやった」 競泳日本選手権 

五輪4大会連続出場を目指す男子平泳ぎの北島康介=東京辰巳国際水泳場

 ロンドン五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は2日、東京辰巳国際水泳場で開幕する。1日は公式練習が行われ、五輪4大会連続出場を目指す男子平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)は「やるべきことはやってきた。最後は自分の集中力と、やってきたことを信じて泳ぎたい」と明るい表情の中に緊張感を漂わせた。

 男子バタフライの松田丈志(コスモス薬品)や背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)、女子背泳ぎの寺川綾(ミズノ)らの実力者、女子平泳ぎで初の五輪を狙う15歳の渡部香生子(JSS立石)らも最終調整した。

 五輪の日程に合わせて初めて7日間で開催される。


  • LINEで送る