6都県に20メートル超の津波 南海トラフで最大級の地震想定  

有識者会議が示した推計を公表する座長の阿部勝征東大名誉教授。右は中川防災相=31日午後、内閣府

 東海沖から四国沖の海底にある溝状の「南海トラフ」で最大級の地震が起きた場合、関東から四国までの太平洋側の6都県23市町村で、満潮時の津波高が20メートル以上になる可能性があるとの推計を、内閣府の有識者会議が31日公表した。震度7の地域は10県153市町村に及ぶとしており、国や自治体は被害想定を見直し、今後の防災計画に役立てる方針。

 推計で津波高が最大になったのは高知県黒潮町の34・4メートルで、前回推計の14・1メートルの2倍以上。震度7の地域があるのは静岡、愛知、三重、兵庫、和歌山、徳島、香川、愛媛、高知、宮崎の10県。


  • LINEで送る