世界フィギュア、高橋組が3位 ペアで日本代表初メダル 

3位に入った高橋成美、マービン・トラン組(AP=共同)

 【ニース(フランス)共同】フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、フランスのニースで行われ、ペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では史上初のメダルを獲得した。

 28日のショートプログラム(SP)で3位と好発進した高橋組はフリーでも3位となった。アリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が201・49点で2年連続4度目の優勝を果たした。


  • LINEで送る