安全委の班目委員長は続投 「退任」撤回 

  • LINEで送る

原子力安全委員会の班目春樹委員長

 原子力安全委員会の班目春樹委員長は30日、4月以降も続投する考えを明らかにした。3月末で退任の意向を示していたが、記者会見で「他の委員から非常に強く慰留され、考え直した」と述べた。

 東京電力福島第1原発事故を受け、原子力規制組織を再編、新設予定の原子力規制庁は関連法案の国会審議が始まらず、4月1日には発足できない。安全委と経済産業省原子力安全・保安院による規制体制が当面続くことになる。

 班目氏を除く4人の安全委員のうち、久木田豊委員長代理ら3人は4月16日に任期が切れる。後任が決まらなければ続ける意向を示しているという。