五輪金メダル獲得に数値目標 スポーツ基本計画を初策定 

 平野博文文部科学相は30日の記者会見で、昨年施行されたスポーツ基本法に基づく国の「スポーツ基本計画」を初めて策定したと発表した。2012年度から5年間の施策の指針となるもので、五輪金メダルの国別獲得順位を「夏季5位以上、冬季10位以上」とする数値目標を盛り込んだ。

 計画はこのほか、(1)子どもの体力向上(2)地域スポーツの環境整備(3)スポーツ団体の運営の透明性向上―などを掲げた。施策の推進に必要な財源は、国の予算充実に加え、寄付金など民間資金やサッカーくじ収益の活用により確保するとした。


  • LINEで送る