卓球、日本女子の相手は韓国 世界選手権団体戦第5日 

  • LINEで送る

 【ドルトムント(ドイツ)共同】卓球の世界選手権団体戦第5日は29日、ドイツのドルトムントで決勝トーナメントが始まり、既に8強入りを決めている日本女子は30日の準々決勝で韓国と対戦することが決まった。1回戦で韓国がハンガリーを3―0で下した。

 ロンドン五輪代表の福原愛(ANA)石川佳純(全農)らは会場で調整し、韓国戦に備えた。石川は韓国戦を視察し「(韓国のエース格の)カット選手との対戦が大事になる」と語り、福原は「韓国と当たる準備はしてきた」と話した。

 日本男子は準々決勝で、シンガポール―ベラルーシの勝者と顔を合わせる。