山中、「左で倒す」とKO宣言 初防衛へ練習公開 

公開練習するWBCバンタム級王者の山中慎介=東京都新宿区の帝拳ジム

 世界ボクシング評議会(WBC)ダブルタイトルマッチ(4月6日・東京国際フォーラム)で、ビック・ダルチニャン(オーストラリア)の挑戦を受けるバンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)が29日、東京都内で練習を公開し「最後は左で倒す」と、KOでの初防衛に自信を示した。

 昨年11月に初の世界戦で王座についた山中は、2009年から9連続KO勝利を収めている。29歳のサウスポーは「連続KOは意識していない。でも今回はKOしたい」と意欲をのぞかせた。

 挑戦者は元統一世界スーパーフライ級王者というビッグネーム。


  • LINEで送る