高橋組がペアSP3位 世界フィギュア第3日 

ペアSPで演技する高橋、トラン組=ニース(共同)

 【ニース(フランス)共同】フィギュアスケートの世界選手権第3日は28日、フランスのニースで本戦が始まり、ペアのショートプログラム(SP)に日本勢の先陣を切って登場した高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組は自己ベストを更新する65・37点で3位と好発進した。

 2年連続4度目の優勝を狙うアリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が68・63点で首位。フリーは30日に行われる。

 注目の女子は29日、男子は30日にSPを実施する。


  • LINEで送る