規制庁発足待たず手続きの考え 伊方再稼働で藤村氏 

  • LINEで送る

 藤村修官房長官は27日午前の記者会見で、定期検査で停止している四国電力伊方原発3号機(愛媛県)に関し、新設される原子力規制庁の発足を待たずに再稼働の可否の判断手続きを進める考えを示した。「規制庁発足までの間に、空白期間が生じないよう適切に対応したい」と述べた。

 伊方原発3号機をめぐっては、再稼働の条件となる安全評価(ストレステスト)の1次評価について、妥当との審査書がまとまり、原子力安全委員会に26日報告された。

 一方、細野豪志原発事故担当相は会見で「委員会としての考え方を整理する必要がある。まだ決まっている状況ではない」と述べた。