訪米のAKB、首都小学生と交流 Jポップ文化紹介 

26日、ワシントンの小学校を訪問した(右から)AKB48の高城亜樹さん、宮沢佐江さん、平田梨奈さん(共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンで開催中の全米桜祭りのため訪米した人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーが26日、首都中心部のトムソン小学校を訪問し子どもたちと交流、ドラえもんなど日本のマンガや「ハローキティ」といった日本の“元気”を象徴するポップ文化を紹介した。東日本大震災後の支援にも感謝の意を伝えた。

 今年は東京市(当時)が桜の苗木を贈ってから100周年。AKBは27日にワシントンで記念公演を開く。

 メンバー3人は子どもたちと一緒に、被災地へのメッセージを桜の花びらの形をしたカードに書いた。


  • LINEで送る