放射性物質、拭き取りで7割減 原子力機構が除染報告 

  • LINEで送る

日本原子力研究開発機構が開いた除染モデル事業の成果報告会=26日午後、福島市

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県の警戒区域などで除染モデル事業を担ってきた日本原子力研究開発機構は26日、福島市で成果報告会を開き、一般住宅の壁の汚染濃度がタオルなどの拭き取りで約70%低減したことを明らかにした。

 森林の縁から奥へ10メートルにわたって腐葉土などの表層を取り除いた場合、隣接する生活圏の空間放射線量を40%低減できる一方で、10メートルを超えて除染しても効果はほとんど変わらないとの見解も示した。