なでしこ、松島で合宿開始 米国、ブラジル戦へ準備 

キリン・チャレンジカップに向け練習する上辻(左端)ら=宮城県松島町

 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」が26日、ロンドン五輪に向けて強豪の米国、ブラジルと対戦する4月のキリン・チャレンジカップに向けた合宿を東日本大震災で被害を受けた宮城県松島町の松島フットボールセンターで開始し、体力測定やパス回しなどで約1時間調整した。

 初選出の上辻(仙台)や復帰組の矢野(浦和)上尾野辺(新潟)主将の宮間(岡山湯郷)らが顔をそろえ、練習前には地元の小学生とミニゲームなどで交流した。

 日本は4月1日に仙台市のユアテックスタジアム仙台で米国と、5日にホームズスタジアム神戸でブラジルと戦う。


  • LINEで送る