Jヴィレッジ復活目指す 株主総会で方針確認 

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点になっている、サッカーのトレーニングセンター「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の運営会社は26日、福島市で株主総会を開き、原発事故の収束状況や警戒区域の解除の動向を見極め、スポーツ施設として復活させることを長期的には目指す方針を確認した。

 Jヴィレッジは現在、一部が原発事故の警戒区域にかかり、第1原発に向かう作業員の中継基地になっている。使用済みの防護服置き場や除染する場所が設けられ、本来の用途で使用できるめどは立っていない。

 主総会は非公開で、運営会社社長の佐藤雄平福島県知事や東京電力関係者が対応を協議。


  • LINEで送る