聖光学院などが2回戦へ 選抜高校野球大会第5日 

  • LINEで送る

聖光学院―鳥羽 6回裏聖光学院2死二塁、京田が中前に先制打を放つ。投手五味、捕手北川=甲子園

 選抜高校野球大会第5日は26日、甲子園球場で1回戦3試合を行い、東日本大震災の被災地・福島から出場の聖光学院と智弁学園(奈良)横浜(神奈川)が2回戦へ進んだ。

 聖光学院は六回、京田の適時打で均衡を破り、七回にも加点。エース岡野が鳥羽(京都)をわずか2安打に抑えて2―0で完封勝ちし、選抜大会初勝利を挙げた。

 昨夏8強の智弁学園は、初出場の早鞆(山口)に先制を許したが、五回に小野の3点本塁打などで5点を奪って試合をひっくり返し、青山が2失点完投して5―2で逆転勝ち。元プロ野球選手の大越監督率いる早鞆の初戦突破はならなかった。

 横浜は高知に4―0で快勝。