G大阪、セホーン監督を解任 後任は松波コーチ 

セホーン氏、松波正信氏

 公式戦5戦全敗となったJ1のG大阪は26日、ジョゼカルロス・セホーン監督(61)を解任し、松波正信コーチ(37)が監督に就任すると発表した。

 G大阪は昨季まで10季指揮した西野朗氏に代え、ブラジルからセホーン監督、呂比須ワグナーヘッドコーチらを招聘して首脳陣を一新。日本代表DF今野泰幸ら積極補強もしたが、25日は磐田に敗れてクラブ初のリーグ開幕3連敗となった。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)も2連敗で1次リーグ敗退の危機にある。

 松波コーチは1993~2005年までG大阪一筋でプレーし「ミスターガンバ」と呼ばれた。


  • LINEで送る