北海道の泊3号機、5月5日停止 国内全原発停止も 

  • LINEで送る

北海道電力泊原発3号機(右端)=2009年2月、北海道泊村

 北海道電力は26日、泊原発3号機(北海道泊村、91・2万キロワット)の運転を5月5日に停止し、定期検査に入ると発表した。東京電力柏崎刈羽原発6号機が26日未明に停止し、泊3号機が国内の商業用原発54基で稼働中の唯一の原発。5月までの再稼働がなければ、全原発が停止する。

 北電は26日、経済産業省原子力安全・保安院に定期検査の日程を申請した。これまで4月下旬の定検入りを予定していたが、火力発電所の緊急停止などトラブルが相次いでいることを考慮し、1週間程度、先送りした。