近江7―2高崎 近江が四回に集中打 

近江―高崎 4回裏近江1死二塁、津坂が中前に勝ち越し打を放つ。捕手内堀=甲子園

 近江が14安打を放ち、快勝。2―2で迎えた四回1死二塁から津坂の中前打で勝ち越し。さらに藤原の適時打などで加点。この回は6安打を集めて計4点を挙げた。村田は8安打を許したが、要所を締め2失点完投。

 高崎は島田の制球が甘くなった。打線はつながりを欠き、五回以降は得点することができなかった。


  • LINEで送る