光星、名電など2回戦へ 選抜高校野球大会第4日 

  • LINEで送る

 選抜高校野球大会第4日は25日、甲子園球場で1回戦4試合を行い、昨夏の甲子園準優勝の光星学院(青森)、愛工大名電(愛知)、履正社(大阪)、近江(滋賀)が2回戦に進出した。

 光星学院は1―0の三回に北條の2点二塁打でリードを広げた。城間が北照(北海道)を完封し、3―0で勝った。

 昨秋の明治神宮大会準優勝の愛工大名電は左腕浜田が14奪三振、無四球で3安打完封。春夏通じて初出場の宮崎西に8―0で快勝した。

 昨春4強の履正社は六回に沖田の2点本塁打で勝ち越し。3投手の継投で、通信制として初めて甲子園に出場した地球環境(長野)を5―2で下した。