安全委、大飯原発「問題なし」 1次評価で初 

  • LINEで送る

関西電力大飯原発(右から)3号機、4号機

 政府が原発再稼働の前提として位置付ける安全評価(ストレステスト)で、原子力安全委員会は23日、臨時会議を開き、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の1次評価について、問題ないとする確認結果を決定した。

 安全委が確認結果をまとめるのは初。大飯原発の1次評価の手続きは終了。今後、野田佳彦首相や枝野幸男経済産業相らが安全性を確認できているか協議。その後、再稼働に向けて地元に説明し、理解が得られれば再稼働を政治判断する。藤村修官房長官は23日午前の記者会見で、安全性確認の協議には一定の時間が必要との認識を示した。